|||||
HOME > 美術建材部 > WORKS これまでの仕事 > 大分美術館

    アルミキャストの利点を活かして個性的なデザインにまとまりました  
ロゴマークなどのグラフィック表現も
キャストの多彩な表現処理が生かされています。
サイン全体もアルミキャストなので、自由な造形が
可能になりました。
 
 
キャラクター表現では、発泡スチロールを
切り抜いて原型製作をしています。
質感の違いを活かした銘鈑デザイン、
文字部分は磨き処理、下地部分は荒らし処理で
仕上げています。
 
 

 

 
 手すりや車止めといったストリートファニチャーにも、鋳物で自由な造形が可能です。
 
手すりの連結部分のような細部にも、
鋳物
による統一的なデザインが可能です。
 
 
 
利用者がじかに触れる水飲み場だから、形だけでなく、
質感も重視されました。
器を鋳物で一体に製作し、軽快なイメージに仕上げる
ことができました。

 

プライバシーポリシー | ご利用にあたり Copyright (c) TAKENAKA. All Rights Reserved.
富山県高岡市長慶寺987 株式会社 竹中製作所